未分類

忘年会の幹事

2017年12月1日

会社によっては持ち回りで忘年会の幹事が回ってくるということも多いです。幹事となると仕事をしている合間を使って幹事で話し合いをしていろいろなことを決めたり作業をしたりと大変です。しかも、会社の上司や部下、同僚とたくさんの人をもてなす場でもあります。失敗すると仕事にも影響するためかかってくるプレッシャーは相当なものとなります。

しかし、会社の忘年会というのは成功するとたくさんのものが得られます。まずは、自分自身の経験として自信がつくものですし、仕事の進め方を知ることもできます。幹事を成功させたことで仕事に反映できることもたくさんあるのです。

男性そして、社内での評価もとても変わってきます。うまく忘年会を仕切ったりコストマネジメントをうまくこなしたりといったことができると上司から評価してもらえるきっかけにもなるのです。そうすると次のビジネスチャンスとして、上司から仕事を任されたり大事な場所に同行させてもらえたりといった機会になることもあるのです。

社内での評価、見方、交友関係といったものを良好にすることにも役立ちます。仕切ることが上手であり、うまく幹事ができるということで社内の飲み会に呼ばれる頻度が増えたり、人望が得られたりといったこともあります。会社で意中の子と付き合えたり、ビジネスチャンスや合コンなど幅広い面で声をかけたりしてもらえるようにもなります。このように忘年会の幹事というのは面倒なものではありますが、成功するとたくさんのものが得られるのです。